純国産黒文字ようじ

艶のある美しい黒色とさわやかな香りが特徴の黒文字の枝を原料に使用した黒文字楊枝は茶道の席をはじめ、和菓子を食べる道具として一般にも広く使用されてきました。

昭和40年代に世界で初めてこの伝統ある楊枝の量産に成功したのが菊水産業株式会社です。その後自然環境の変化や外国産楊枝の流入に伴い、国内の爪楊枝業界全体が一時生産から撤退しましたが、日本の伝統文化・茶道にも深くかかわる黒文字楊枝の国産化を目指し、再び製造機械を開発、自社ブランドの看板アイテムとして復活させました。

国産黒文字の販売はこちら

純国産白樺ようじ

国産の白樺を原料に使用した爪楊枝。カフェやご家庭の食卓にそのまま置いていただけるパッケージデザインと、衛生に配慮した個包装しようにこだわりました。材料は北海道産の白樺原木を使用している国産品です。

 

国産白樺ようじの販売はこちら