みどりの日は和歌山県の伊太祁曽神社で親子木工教室を行いました〜黒文字ようじの削り体験とお茶席体験しましたよ〜(*´∇`*)
黒文字ようじを自分で作って、茶人、梅原先生のお抹茶を頂き、自分で作った黒文字ようじで和菓子を食べると言う教室でした(^ν^)

伊太祁曽神社は、創建の時期は文武天皇大宝2(702)年と言われてるそうです!めっちゃ昔〜( °Д° )『日本書紀』には日本国土に木種を播き青山と成した植樹神と記されていることから「木の神」として慕われ、木の神様の住む国ということでこの地は「木の国」と呼ばれ、やがて「紀伊国」と成ったそうですよ〜!宮司さんのお話もめちゃめちゃ面白かったです(^q^)

皆さん真剣に削ってました!取材陣もJ:COMさん、和歌山TV、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞さん達がいらっしゃってました〜(^ν^)取材受けてカメラに向かってめっちゃ喋ったのに、河内長野市でみられへーん/(^o^)\残念すぎるー!(笑)
最後は取材陣みんなで削り体験してワイワイしてました(笑)楽しんでもらえたようでよかったでーす